まなぞう備忘録

まなぞう備忘録

元幼児教室講師のはじめての育児奮闘記。

出産って奇跡

自分が出産をして、少し前までコウノトリって産婦人科のドラマがしたりしていて、妊娠、出産って奇跡だなーって思う機会が増えました。

仕事でたくさんのお母さんがたと会うので、お腹の中から知っている子がいたり、二人目妊娠して…とか、もちろんダメだったって話とか、不妊治療しててって話も聞いていました。
だから、普段関わらない人よりは出産に関するいろんなリスクとか、障害とか、医療関係者には負けるけど知っていました。
  
だからこそ子どもが生まれるって色んな責任を持つことで、どんなことがあっても子供の味方でいてあげようって私は妊娠中から思っていました。

妊娠して、世のお母さんたちはずーっと戦いだなと改めて思った‼
初期の流産の確率は1割以上。
もちろんそれは誰のせいでもないけど、やっぱり辛いと思う。
安定期あたりには、夜寝れなくなって来て。
後期には幸せを感じつつもやっぱり怖い‼
出産だって何があるかわからない。
生まれたら生まれたでおっぱい酷使されて、睡眠削られて。
そこからは子どもが中心の生活になる。

ドラマに出てくる話は何かしら発達の障害があったり、育っていく環境に障害があったり、様々。
何もなく生まれるって難しいんだなと。
妊娠、出産は奇跡だなと毎回ドラマで涙ぐむ。
もちろんこれから何があるかわからないけど。
ずっと味方でいてあげたいなぁ♪

毎回ドラマ見て泣いてました笑

コウノドリ DVD-BOX

コウノドリ DVD-BOX