まなぞう備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まなぞう備忘録

元幼児教室講師のはじめての育児奮闘記。maimailadress@yahoo.co.jp

元幼児教室講師が語る『読み聞かせの大切さ』

育児

f:id:mai1986:20160617104815j:image
昨日、児童館で出会ったお友だちと遊んできました‼

絵本ってあんまり読んでなくてー
破ったりするし、あんまり見てくれなくて。。

よく聞きます‼
仕事してたときにも、最近も何人かに言われました。

そこで、聞かれたことちょっとまとめます。


いつから本読み始めたか?


うちは動けないときから!
  見てなくても耳は絶対に聞こえてるから読み聞かせはするべきです。
私はやなせたかしさんの詞も読んでました☆☆

希望の歌―やなせたかし童謡詩集

希望の歌―やなせたかし童謡詩集


慣れてくると、読んでもらえるのわかってたから読んでる間はうちの子触りません。
触りだす時期もあります。
触らせてもいいし、むしろさわる絵本も与えたらいいと思います。
小さいときは五感を育てることが大切です‼

0歳は言葉のリズムを感じて、言葉をたくさん聞く時期。
触るのも興味がある証拠。
破ることもあるかも。
怒ると絵本嫌になるかもだから。
その時は絵本以外に破っていいものを与えます。
絵本は破らないでねと根気よく伝えて欲しいです。

どんな本がいいの?

0歳のおすすめは前に書いたのでそこを見てもらって。




親の好みで選んでもいいし、本屋さんとかのおすすめとかもいいと思います‼
やっぱり定番の本は気に入る子多いなぁと思っています‼
好きなキャラクターがいれば、その本とプラスで親のおすすめもあたえてあげる。
が、ベスト。
しつけに使える本もたくさん出ているので、トイレとか歯磨きとか挨拶とかしっかりさせたいことを絵本で読むのもありだと思います‼


本を読むと国語力が育ち、国語力は勉強全体で必要になるから学力全体が引き上がる。
子どもの豊かな感性を育てる助けに大いになるはず。
本好きの子供になれば、7割育児成功って聞いたことあるくらいです‼

一日一冊。
同じものでもいいから読んで欲しいです(*^^*)

まなぞうってどんな人?と、思っていただけたら…