まなぞう備忘録

まなぞう備忘録

元幼児教室講師のはじめての育児奮闘記。楽しい育児とキラキラした自分を目指して⭐

大好きだった幼児教室での仕事。

子どもがぐっすりねたので、お仕事の話を。
長くなるかな。

まず、私は結婚まではがむしゃらに仕事をすると決めていました。

男の人と違って、女の人は結婚して出産して…となると、なかなか同じように仕事は出来ないと思っていたし、何より子ども好きだから子どもが出来たなら子どもと一緒にいたい!と、思っていたから。
結婚までしかがむしゃらに働くっていうことはできないだろうと思って。



そこで、子ども好きな私が選んだ仕事は、幼児教室の講師。
大学でしていたのが、脳のこととか、障害に関することとかしてたから活かせる場だと思ったから。



某幼児教室で講師から教室長を約6年していた私ですが。
仕事すっごく好きだったんです。



大好きな子どもにいつも囲まれてて。
賢くなっていくのが目の前で見られて。
ママさんたちも仲良くしてくれて。



もちろん、お金をもらっているからこそクレームも出るし、人間だからミスもあるし、注意されたりもあるけど。



自分も成長できるすごくいい仕事だったって思っています。


でも多分。
端からみるとブラックだったんだろうなぁと。


結婚してからもお仕事なにかしたいなと思っていたけど、子どもとの時間もほしかったから、自営で何かをするということを、考慮して中小企業のフランチャイズの教室を選んだ私。

選んだと言っても、なかなか就活大変だったので、選んでもらったんですが。

すっごく忙しかった‼

もう本当に。
人も多くないし。
朝から晩まで働いて。
帰って寝るだけの生活で。


元々アクティブな私は休みは遊び回って、長期休みは海外にいくことを楽しみにがむしゃらに働いてました。

こんなに忙しい仕事は大好きな子どもの仕事以外にできなかったと思う。

毎日レッスンして、かつ、営業やビラまき、事務作業、休みの日は研修。
パートさんがいる教室に手伝ってもらいつつやってた。

新規教室の立ち上げをさせてもらう経験なんて絶対になかなかないチャンスだったし、いい経験した‼

けど、忙しすぎて、逆流性食道炎になり笑
記憶が曖昧…笑

でもでもでもやっぱり仕事は好きだった。
大変だったけど。


結局仕事ってなんとなくお金のためにやるものではなく、目的とか、やりがいとかそういうところと合致したらものすごく成長できるし、学びとろうという姿勢があるかないかって、結構重要で。

ブラックかブラックじゃないかって実はあまり関係ないなって思った。

体調崩しだしたらよくはないと思うけど。(薬一時期一日9個とかのんでた私がいうのもなんだけど。)
ブラックはブラックなりに楽しめるならありかなって笑