まなぞう備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まなぞう備忘録

元幼児教室講師のはじめての育児奮闘記。

子どもはアスファルトの道路を30分歩くと熱中症のリスクがあるらしい‼

今日お出掛けついでにお散歩させていたら、綺麗なおばさまに話しかけられて、ニュースになってたから気をつけてねー!

と、優雅に話しかけていただきました☆


3歳児が気温38度の晴れた日にアスファルトの道路を歩くと、29分で熱中症の危険性がある。こんな結果が、名古屋工業大と東北大などの研究チームのスーパーコンピューターを使ったシミュレーションで明らかになった。


んー30分って思ったよりはやい!
公園とかも朝早く20分とかで切り上げてるけど、正解ってことですね。
しかも3歳児ってことは一歳はもっと早いかも。



これは3歳児で実験していますが、ベビーカーでの実験も過去にあるみたいです‼
抜粋してみました‼

気象庁の発表によると、この日の東京都心の気温は午後1時の時点で34.9℃でした。

<日なた>
地面の温度:57℃
ベビーカー(人形の頭の位置):50℃
地表から120cmの位置:41℃

上のデータは、午後1時にベビーカーを路上に置いてから15~20分経過後の測定でしたが、驚くほど高い温度が計測されました。
アスファルトの上では、太陽の照り返しも強烈なので、気温も非常に高くなります。

アスファルトに近づくにつれ、温度は高まると予想していましたが、その通り、小学1~2年生の身長を想定した120cmの高さの温度より、地面により近いベビーカー内の温度のほうが高く、その差はおよそ10℃にもなりました。


<日陰>
地面の温度:38℃
ベビーカー(人形の頭の位置):36℃
地表から120cmの位置:35℃

上の日陰のデータは、やはり移動して15~20分経過後のものですが、建物の陰に入るだけで、ずいぶん気温が下がるものですね。
日陰ではアスファルトからの照り返しがないせいか、ベビーカーと120cmの高さの温度も、それほど差がありませんでした。



読んでいるだけで暑い……

かつ、黒いサンシェードや、服も紫外線はカットしても、熱を吸収するので、気を付けた方が良いそうです‼


赤ちゃんの暑さ対策しっかりしてお出掛けくださいね♪

カンガルーの保冷・保温やわらかシート オリーブ

カンガルーの保冷・保温やわらかシート オリーブ



まなぞうってどんな人?と、思っていただけたら…
プロフィール - まなぞう備忘録

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村