まなぞう備忘録

まなぞう備忘録

元幼児教室講師のはじめての育児奮闘記。楽しい育児とキラキラした自分を目指して⭐

夫婦の距離感に悩む。

今日は気持ちの整理のための日記。

あとで消しちゃうかもです!

 

前々から薄々思っていたのですが。

 

旦那が私に過保護

 

結婚前からそうだった!

優しいし、心配してくれてるのわかるんだけど。

元々じっとしていられない私。

付き合ってるときにも、

「そんな縛り付けておきたいなら結婚してかごにでもいれておけばいいでしょ!」

と、資格試験うけてる最中に言い放った記憶もある(笑)

 

 

よくよく考えると、産後私夜居酒屋に行ったのってほぼない。

大好きだったお酒も長かった授乳で全然飲んでないし。

 

なんせ、出かけようと思うと旦那がいい顔しないんですよね。

昼間にお出かけして帰ってきても無表情で対応される。

「こんなに遅いと思ってなかった」

決して笑顔で

「楽しかった?」

とは聞いてくれない。

それがわかるから段々顔色を見て言い出せなくなり。

行きたいなぁって予定も一人で行きづらくて諦めてきたのが、ここ最近限界に。

 

家出したいと思った。

ここ一年くらい二人目どーする問題も意見が食い違ってお互いお互いに踏み入れなくなってた気もしてる。

話し合えないままそっぽ向かれたり。

良くないなって変えようと頑張っても響かなくて、心おれることも多かった。

それに加えて外に出ることもいいとは言いつつものすごく不機嫌。

 

先月。

 

実は夜中に喧嘩してほんと、家を飛び出そうかなって思ったんですよね。

なんか私頑張ってるつもりなのに、大事にされてるのかなー

こんだけ話聞いてもらえなくて、冷たくされて一緒にいる意味ってなんだろ。

 

でも、踏みとどまれたのは娘がいたから。

娘おいていくのはいや。

せっかく結婚したいと思えた人だから、向き合う努力はしようと。

 

素直に冷たくされるほど嫌われることした?って聞きました。

 

彼の求める夫婦の距離感がそれならそれで諦めよう。

私の求める夫婦の距離感はもっと頼り頼られる、甘えられる関係がいいけど。

彼が望まないならそこは割り切ろうと思ったんです。

 

尊敬できるところはたくさんある人だし、このままだと嫌いになってしまうと思ったから、話し合わなくちゃと思って。

 

そんなときにね、友人が

「夫のちんぽが入らない」の本を100冊配る女

を始めました。

入らないことよりも、夫婦の距離感とか、普通であることをおしつけられたり、普通へたいする劣等感とか。

その辺りの感情がぐちゃぐちゃってなってる本。

すごいタイミングで出会った。

多分このタイミングじゃなかったら読み込まなかったであろう本。

るみちゃんが配ってなかったら買ってなかっただろう本。

カウンセラーるみちゃんが読後カウンセリング付きで売ってます!

この本の感想もじっくりかきたい。

 

ひとまずは私のぐちゃっとした感情の吐き出しでした。

るみちゃんの記事はこちら↓

夫のちんぽを100冊買った理由|rumi@モラハラ解決屋さん @Regene_mr|note(ノート)https://note.mu/regene/n/nba65daaa9882

 

 

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

 

 

まなぞうってどんな人?と、思っていただけたら…
プロフィール(2018,06改定) - まなぞう備忘録