まなぞう備忘録

まなぞう備忘録

元幼児教室講師のはじめての育児奮闘記。

子どもを育てることの大変さ。

大人になって社会のことがわかってくると、健康になんの問題もなく大学を出て、社会に出てきた自分はすごく恵まれていたんだなぁって気づく。


子どもができて、不安なことってこんなにたくさんあったんだなって気づく。



子どもができる前は子どもができないと悩む人がいて。

妊娠したら健康に母子無事で生まれてくることの奇跡を感じ、不安に思い。

産んだら一挙一動に驚きと嬉しさと不安と。

大きくなるとお友だちと仲良くできるか。

お勉強が出来るか。

運動が出来るか。

学校で馴染めるか。

うまく社会でやっていけるか。



不安はつきない。



社会的にも、話題の保育所の問題。

障害があった場合の様々な支援の問題。

不登校・引きこもりの問題。

こどもの貧困問題。

教育格差。

奨学金の問題。



子どもたちの体を作る食品も、添加物等の不安が本当に多い日本。


知れば知るほど少子化になってもしょうがないよなぁって。



だからこそ知識をもって。
なにがあっても子どもの味方でいれるように。
後悔をしないように。